光インターネット回線のNTTフレッツ光

2018年03月09日

引越しのときの荷づくりのコツ

引越しのときの荷づくりのコツは「何をつめるか」を考えることです。


荷造り.png


本ならば本、衣類ならば衣類、というように同じ種類のものをひとつの箱の中につめていくことは、誰でもが行っていると思います。

それはそれで良いのですが、加えて、“新居での行き先” についても考えながら行うと、作業はぐっと効率的になります。


現在の住居とまったく同じレイアウトの住居に引っ越すということはまず無いですし、現在の収納状態がベストであるとも限らないからです。


そして、そのためにまず行うことは、“新居の見取り図を用意すること” です。


見取り図の各部屋に番号を決め、どの部屋に持って行くかを考えながら荷物をつめていき、段ボールには “運ぶ部屋の番号” を大きく記入します。

こうすることで、引越し当日の引越し業者への指示もしやすくなるのです。


引越しの荷づくりは、ついつい “現在” を基準に考えがちですが、引越した後のことを基準に考えると、不用品の選別なども行うことができて、とても便利です。


 右向き三角1 不用品回収 買取 処分ガイド


また、出入り口をふさがないためにも、引越しの荷づくりは

 @ 一番奥の部屋から
 A ふだん使用しないものから

順番に始めて行くのがベストです。




全国に店舗あり!トランクルームのキュラーズ


【引越し やることの最新記事】
posted by takayuki at 14:49| 引越し やること