LIFULL引越し見積もり

2018年02月27日

不用品の処分 本の場合

引越しに伴って家具や電化製品を処分する(買い換える)ことがあると思いますが、私は思い切って家にあった本やCDを “大量に” 処分しました。

資源ゴミの日に捨てたものもありますが、多くをブックオフなどのリサイクル業者に買い取ってもらったのです。


私が利用した業者は以下の5社です。

 @ブックオフ
 Aネットオフ

 Bもったいない本舗
 C漫画買取ネット
 D学参ブックス


5社に分けたのは、ひとつのところに大量に売ると一冊あたりの単価が安くなりそうに思ったのと、次回に備えて各社の買取相場を知っておきたかったからです。


結論から言うと、@ABの業者の買取価格はどこも似たようなものでした。
(ABは配送用の段ボールを先に送ってくれるという違いはあります。)


売った本やCDのタイトルが違うので、正確な比較など出来はしないのですが、大ざっぱに言うと、1箱(約40〜50冊)につき、“1,000円+α” と言った感じです。


正直言って高くはないですが、元々は捨てるつもりだったものです。

また、宅配便の方が家まで取りにきてくれるので、ゴミ捨て場にまで運ぶよりは楽です。

配送費についても業者持ち(無料)です。


そういう意味では、無意味ではなかったと思っています。


そして、その一方で上記3社に比べて格段に良かったのが、Cの「漫画買取ネット」とDの「学参ブックス」です。


どちらも1箱ずつしか送っていないのですが、

 C 漫画買取ネット ⇒ 約3,500円
 D 学参ブックス ⇒ 約7,500円

で買い取って頂けました。


特に学参ブックスの方は驚きです。


学参ブックスに買取をお願いしたのは以下の書籍です。
 
 @ ユーキャンTOEIC講座(CD付、使用済み、書き込みあり)
 A 子供が2年前の大学受験で使用した参考書関係(使用済み、書き込みあり)


明細が出ないので、どちらに高値が付いたのかわかりませんが、どちらも使用済みであった為、下手をすればそのままゴミとして捨ててしまうところでした。

やはり、何事も専門の業者にまかせるのが一番ですね。




【引越し 不用品処分の最新記事】
posted by takayuki at 14:32| 引越し 不用品処分