LIFULL引越し見積もり

2018年02月05日

引越し手続きに家族の委任状は必要か

お役所の手続きは、行政書士などの特別の資格を持った人が行う場合を除き、本人が行うことが基本とされています。


区役所.png


もしも何らかの事情で本人が役所に出向くことができない場合は、代理の人は本人発行の委任状を用意していかなくてはなりません。
(行政書士が手続きをする場合でも委任状が必要な場合がほとんどです。)


引越しのときにお役所で行う手続きと言うと、「転出届」「転入届」「印鑑登録申請」などの手続きのことです。


そして、このときに気になるのが、例えば家族全員分の転居手続きを行う場合に、家族全員の委任状を用意しておく必要があるのかということです。


役所の手続きは平日の昼間に行うことが多いので、家族のうちの一人が代理で全員分の手続きを行うということはよくある話です。


結論から言うと、「転出届」「転入届」などの手続きは、家族であれば委任状は必要ないとのことです。

逆に言うと、家族以外の代理人が行う場合には、委任状が必要になります。


そして、「印鑑登録申請」の場合はどうかというと、こちらは「登録」の場合には委任状が必要と考えたほうが良さそうです。


印鑑登録の「抹消」の場合は、転出届けと同時進行で行われる場合がほとんどなので、委任状がなくても手続きは行われますが、登録に関してはそういうわけにはいきません。


これは、実印というものが、どういう場面で使われるものかということを考えれば分かると思います。


委任状なしに配偶者の実印を自由に登録できるというようなことにでもなれば、そこに事件や犯罪の可能性を否定することはできません。




高品質手彫り仕上げ印鑑 実印専門店


posted by takayuki at 23:44| 引越し 手続き